バックナンバー

  • 2018/09/15 (Sat) 11:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年9月・増刊号】
  • 2018/09/01 (Sat) 15:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年9月号】
  • 2018/08/19 (Sun) 09:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年8月・増刊号】
  • 2018/08/01 (Wed) 09:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年8月号】
  • 2018/07/22 (Sun) 12:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年7月・増刊号】
  • 2018/07/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年7月号】
  • 2018/06/10 (Sun) 13:57
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年6月・増刊号】
  • 2018/06/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年6月号】
  • 2018/05/08 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年5月・増刊号】
  • 2018/05/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年5月号】
  • 2018/04/15 (Sun) 10:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年4月・増刊号】
  • 2018/04/01 (Sun) 10:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年4月号】
  • 2018/03/09 (Fri) 13:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年3月・増刊号】
  • 2018/03/01 (Thu) 09:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年3月号】
  • 2018/02/13 (Tue) 10:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年2月・増刊号】
  • 2018/02/01 (Thu) 10:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年2月号】
  • 2018/01/14 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年1月・増刊号】
  • 2018/01/04 (Thu) 10:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年1月号】
  • 2017/12/10 (Sun) 10:57
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年12月・増刊号】
  • 2017/12/03 (Sun) 10:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年12月号】
  • 2017/11/12 (Sun) 10:46
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月・増刊号】
  • 2017/11/01 (Wed) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年11月号】
  • 2017/10/09 (Mon) 12:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月・増刊号】
  • 2017/10/01 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年10月号】
  • 2017/09/14 (Thu) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月・増刊号】
  • 2017/09/03 (Sun) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年9月】
  • 2017/08/15 (Tue) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月・増刊号】
  • 2017/08/01 (Tue) 09:44
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年8月号】
  • 2017/07/15 (Sat) 10:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月・増刊号】
  • 2017/07/01 (Sat) 10:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年7月号】
  • 2017/06/17 (Sat) 12:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月・増刊号】
  • 2017/06/04 (Sun) 11:41
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年6月号】
  • 2017/05/14 (Sun) 15:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月・増刊号】
  • 2017/05/01 (Mon) 10:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年5月号】
  • 2017/04/19 (Wed) 10:34
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号・増刊号】
  • 2017/04/02 (Sun) 10:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年4月号】
  • 2017/03/19 (Sun) 13:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月・増刊号】
  • 2017/03/05 (Sun) 10:02
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年3月号】
  • 2017/02/05 (Sun) 10:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年2月号】
  • 2017/01/17 (Tue) 14:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月・増刊号】
  • 2017/01/08 (Sun) 12:56
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2017年1月号】
  • 2016/12/01 (Thu) 10:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年12月号】
  • 2016/11/01 (Tue) 10:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年11月号】
  • 2016/10/19 (Wed) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月・増刊号】
  • 2016/10/02 (Sun) 10:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年10月号】
  • 2016/09/04 (Sun) 11:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年9月号】
  • 2016/08/16 (Tue) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月・増刊号】
  • 2016/08/01 (Mon) 11:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年8月号】
  • 2016/07/03 (Sun) 09:01
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年7月号】
  • 2016/06/05 (Sun) 14:11
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年6月号】
  • 2016/05/08 (Sun) 10:51
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年5月号】
  • 2016/04/11 (Mon) 12:55
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年4月号】
  • 2016/03/01 (Tue) 10:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年3月号】
  • 2016/02/01 (Mon) 10:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年2月号】
  • 2016/01/11 (Mon) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2016年1月号】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年12月号】
  • 2015/11/09 (Mon) 12:12
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年11月号】
  • 2015/10/05 (Mon) 13:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年10月号】
  • 2015/09/07 (Mon) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年9月号】
  • 2015/08/17 (Mon) 13:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年8月号】
  • 2015/07/01 (Wed) 10:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年7月号】
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年6月号】
  • 2015/05/11 (Mon) 12:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年5月号】
  • 2015/04/06 (Mon) 14:15
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年4月号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年3月号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:09
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年2月号】
  • 2015/01/05 (Mon) 14:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2015年1月号】
  • 2014/12/01 (Mon) 12:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年12月号】
  • 2014/11/03 (Mon) 11:37
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年11月号】
  • 2014/10/05 (Sun) 11:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年10月号】
  • 2014/09/01 (Mon) 13:27
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年9月号】
  • 2014/08/03 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年8月号】
  • 2014/07/01 (Tue) 10:24
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年7月号】
  • 2014/06/01 (Sun) 14:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年6月号】
  • 2014/05/01 (Thu) 11:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年5月号】
  • 2014/04/01 (Tue) 13:04
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年4月号】
  • 2014/03/02 (Sun) 13:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年3月号】
  • 2014/02/02 (Sun) 14:54
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年2月号】
  • 2014/01/07 (Tue) 13:31
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2014年1月号】
  • 2013/12/01 (Sun) 14:22
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年12月号】
  • 2013/11/05 (Tue) 16:07
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年11月号】
  • 2013/10/01 (Tue) 14:38
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年10月号】
  • 2013/09/01 (Sun) 14:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年9月号】
  • 2013/08/03 (Sat) 13:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年8月号】
  • 2013/07/01 (Mon) 14:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年7月号】
  • 2013/06/02 (Sun) 13:19
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年6月号】
  • 2013/05/05 (Sun) 14:39
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年5月号】
  • 2013/04/01 (Mon) 12:06
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年4月号】
  • 2013/03/03 (Sun) 12:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年3月号】
  • 2013/02/03 (Sun) 12:23
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年2月号】
  • 2013/01/06 (Sun) 12:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2013年1月号】
  • 2012/03/04 (Sun) 16:28
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年3月号】
  • 2012/02/12 (Sun) 12:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年2月号】
  • 2012/01/09 (Mon) 15:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2012年1月号】
  • 2011/10/23 (Sun) 13:03
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年10月号】
  • 2011/09/28 (Wed) 16:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年9月号】
  • 2011/08/29 (Mon) 14:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年8月号】
  • 2011/07/10 (Sun) 14:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年7月号】
  • 2011/06/13 (Mon) 13:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年6月号】
  • 2011/05/29 (Sun) 14:52
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年5月号】
  • 2011/04/26 (Tue) 20:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年4月号】
  • 2011/03/07 (Mon) 20:10
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年3月号】
  • 2011/02/07 (Mon) 21:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年2月号】
  • 2011/01/16 (Sun) 13:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2011年1月号】
  • 2010/12/13 (Mon) 18:42
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年12月号】
  • 2010/11/08 (Mon) 16:00
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年11月号】
  • 2010/10/11 (Mon) 17:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年10月号】
  • 2010/09/13 (Mon) 13:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年9月号】
  • 2010/08/16 (Mon) 18:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年8月号】
  • 2010/07/11 (Sun) 15:21
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年7月号】
  • 2010/06/06 (Sun) 15:35
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年6月号】
  • 2010/05/17 (Mon) 15:50
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年5月号】
  • 2010/04/20 (Tue) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年4月号】
  • 2010/03/28 (Sun) 17:45
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月臨時増刊号】
  • 2010/03/07 (Sun) 18:30
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年3月号】
  • 2010/02/17 (Wed) 16:40
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年2月号】
  • 2010/01/18 (Mon) 17:14
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2010年1月号】
  • 2009/12/08 (Tue) 16:49
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年12月号】
  • 2009/11/09 (Mon) 17:59
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年11月号】
  • 2009/10/13 (Tue) 17:43
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年10月号】
  • 2009/09/15 (Tue) 18:20
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年9月号】
  • 2009/08/08 (Sat) 19:18
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年8月号】
  • 2009/06/29 (Mon) 21:36
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月号】
  • 2009/06/17 (Wed) 03:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年6月臨時増刊号】
  • 2009/05/26 (Tue) 22:08
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年5月号】
  • 2009/03/25 (Wed) 08:16
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年3月号】
  • 2009/02/24 (Tue) 23:33
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月臨時増刊号】
  • 2009/02/09 (Mon) 21:26
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年2月号】
  • 2009/01/14 (Wed) 21:47
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2009年1月号】
  • 2008/12/23 (Tue) 01:48
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年クリスマス号】
  • 2008/12/03 (Wed) 22:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年12月号】
  • 2008/11/03 (Mon) 23:25
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年11月号】
  • 2008/10/19 (Sun) 09:17
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年10月号】
  • 2008/09/21 (Sun) 00:29
    どんぐり倶楽部オンライン通信 【2008年9月号】

どんぐり倶楽部オンライン通信 【2018年4月・増刊号】

2018/04/15 (Sun) 10:07
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
    考える力・絶対学力を育てる
   =どんぐり倶楽部オンライン通信=
  どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
       2018/04/15号
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えて、そのまま返信してください。次号から配信を停止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆この時期の楽しみといえば、お花見ですね。日本各地の桜の開花日をつないだ桜前線は、3月から5月上旬にかけて日本列島を九州から北海道まで北上します。

温度差が激しく体調を崩しやすい時期ですが、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

◆当会では時々、「小学生ですが、うちの子は将来自立できるかどうか不安です」「これから世の中が大きく変わるので、親としてしっかり子どもをサポートできるか気になります」というご相談をいただくことがあります。

当会では、このようなご相談をいただいたときは、「日本3.0 2020年の人生戦略」(佐々木紀彦・幻冬舎)という本をおすすめしています。

◆この本の中では、スタンフォード大学大学院で学び、「東洋経済オンライン」編集長をつとめた佐々木さんが、「これからの日本と世界はどうなるのか」「日本とアメリカの大学教育はどこが違うのか」など様々なことを説明されており、参考になると思います。

中でも、「2020年以降の仕事を考えるときに、日本の雇用の49%がAI、ロボットに代替される可能性がある」として、具体的に「代替されるリスクの高い100の仕事」と「リスクの低い100の仕事」をまとめたものが一覧表は、お子さんの将来の進路を考えるうえで役に立つと思いました。

◆現在小学生のお子さんたちが社会にでるころ、世の中はどうなっているのか。また企業の経営環境や人事をめぐる環境はどう変化していくのか。

今後の社会においては、「AIにできないことができる」人材が求められてくるのは、今の時点でも明らかだと思います。(クリエイティブ能力や対人交渉力など)

◆また、佐々木さんは、今後の企業はどんどん働く人数が少なくなり、主要な機能は次の7つにしぼられてくると分析されています。

「決めるプロ(少人数の経営マネジメント)」
「サポートのプロ」
「チームを作るプロ」
「売るプロ(営業)」
「伝えるプロ(広報・マーケティング)」
「創るプロ(商品開発など)」

「うちの子は、どんな仕事に向いているかな」と考えてみるのも良いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆クレジットカードのお支払い方法に「分割払い(2回~24回)」や「リボ払い」を選べるようになりました。

◆ネット銀行をショッピングやオークションのお支払いに利用なさる方が増えています。当会でも『ジャパンネット銀行』が教材代金のお支払いに利用できるようになりました。

◆メルマガ会員様のあたたかいご支援に感謝申し上げ、新年度応援キャンペーン2018をスタートしました。

◆新しい「準拠教室」が誕生しました。絵で解く算数教室 どんぐりタイム 西馬込 (5月18日開講予定) /所在地 大田区西馬込1丁目(都営浅草線 西馬込駅より徒歩2分) /教室代表者 平林佳子先生(リーダー認定)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今日のもくじ】
◇〔1〕親として知っておきたいキャリアの話(その53)
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その50)
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
◇〔4〕どんぐり倶楽部オンライン ありがとう!11周年キャンペーンのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔1〕親として知っておきたいキャリアの話(その53)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメルマガの冒頭でも取り上げた「日本3.0 2020年の人生戦略」(佐々木紀彦・幻冬舎)についてもう少し書かせていただきたいと思います。

私が最も興味深いと思ったのは、「今後の日本3.0の時代には、4つの働き方のコースがある」と分類されていることです。

1.グローバルリーダー型(本気で世界トップクラスをめざすコース)
ここを目指す日本人はこれから増えてくるが、対象は人口全体のせいぜい0.1%.
グローバルリーダーは、専門分野の実力だけでなく、英語もネイティブレベルまで求められる

2.ナショナルリーダー型(日本でトップレベルをめざすコース)
企業勤務だけでなく、官僚、医者、弁護士、研究のプロなどもふくみ、対象は人口全体の1%

3.ローカルリーダー型(地域でトップレベルをねらうコース)
日本各地で各分野のリーダーとして活躍し、そのすそ野は広い(地元の企業、商店街、公務員や政治家など)

4.リーダーをめざさないタイプ
国民全員がリーダーやエリートをめざす必要は全くないと考えられます

■最近教育雑誌などでは、「東大をとびこして海外のエリート大学を選ぶ学生が出てきた」という内容の記事を頻繁に見かけるようになりました。

しかしそれは、「誰でも普通にめざせること」ではなく、あくまでも「人口全体の1%以下」の話であると、そう理解したほうが、精神の安定が得られるような気がします。

■「うちの子はどういう進路が向いているのだろう」と幅広く情報を集め、客観的に見極める目をもつことが、お子さんの進路選びには大変重要になってくると思います。

子どもたちの将来の活躍の場はそれぞれ違います。

大切なことは、お子さん一人一人の個性をいかし、希望や夢も確認しながら、その子が成人して活躍する姿を思い描き、それにあわせた個別の進路と教育を選んでいくことではないかと感じます。

興味のある方は是非本屋さんで手に取って読まれてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔2〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その50)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、ある親御さんからメールで次のようなご相談をいただきました。

「新1年生のうちの子は、週2問どんぐり問題に取り組んでいます」
「気になるのは、最初にうさぎやかめといった、導入部分の絵を描いて、その日は疲れておしまい、となることが多いことです」

実は、このようなご相談をいただくことはとても多いのです。

■どんぐり問題は、「ゼロからイメージして自分で絵を描く」ので、最初はとてもエネルギーを使います。1行だけ絵を描いて、その日は「それでおしまい」になっても全く問題は
ないと思います。

どんぐり問題に2~3年取り組んでいくと、中学年、高学年にかけて、驚くような集中力をみせるようになるお子さんが多いです。ですから小学1年生の間は、本当に「楽しくお絵描き」と割り切った方が、親子ともにストレスなくどんぐり問題に取り組めるのではないかと思います。

■これまで様々なご質問やご相談をいただいてきましたが、どんぐり問題の取り組みをはじめた当初は、お子さんが楽しそうに「うさぎやかめ」の絵を描いていると、「これって、本当に勉強なのだろうか」「早く答えを出せばいいのに」と焦ってしまう。

そんな悩みを持っている親御さんがとても多いと感じています。

これは、私たち親世代が受けた教育が、「問題を解いて」「解法を暗記し」「テストのときには素早く正確に答えを吐き出すトレーニングをする」という「詰め込み式」に偏っていたためで、ある意味では仕方がないのではないかと最近では思うようになりました。

「与えられた知識を覚える」というのも、私たち親世代においては、非常に重要な勉強だったと思います。

■医学博士で、勉強法などに関する著作活動もされている川崎康彦先生は、その著書「ハーバード式 最高の記憶術」(きずな出版)の中で、次のようなことをかかれています。

「試験の点数で将来を決める教育から、素晴らしいアイディアやクリエイティビティを出せる子どもが生まれてくるでしょうか?個性のあふれる子どもの成長となるでしょうか?」

「試験に合格するカリキュラム、受験勉強のための学習は、私たちの脳の長期記憶に残りません」

「子どもたちの個性に気付かせる教育、これが今後の課題です」

■実は、どんぐり問題の取り組みを通して、「テストで結果を出すために何かを覚える学習」ではなく、「取り組んだ過程をよく見る」「子ども自身のオリジナリティーを重視する」というのを続けていくと、親御さんの意識そのものが徐々に変化していくことが多いように感じます。

重要なことは、「どんぐりの取り組みはこうでなければ」と、絶対的な正解を求めるのではなく、その子をよく観察し、その子のなかにある才能が発揮できるよう、親御さん自身がサポートに徹することではないかと思います。

■たとえば、どんぐり問題に次のような問題があります。

「大きなかめさんが 小さなかえるさんを せ中にのせて おうちにかえっています。
すると、2ひきの かえるさんが おちてしまって、おうちに ついたら 4ひきの
かえるさんしか かめさんの せ中には のっていませんでした。
では、さいしょに のっていた かえるさんは なんびき だったのでしょう。」
(0MX74答 6ぴき)

■どんぐり問題をスタートしたばかりのお子さんは、「大きなかめさんと 小さなかえるさん」をかいただけでエネルギーを使い果たしてしまうこともあります。

お子さんが、「難しい」といっても、あせることはありません。

「文章の通りに絵を描いてみよう」と、1文ずつ丁寧に絵を描いていけば、その過程の中で、楽しいイメージが広がってきます。
また、「絵を描く」ことは、「物事に主体的に取り組む」態度や意欲も育てることができます。

現在進められている教育改革で、最も重要視されているのは「主体的に学ぶ子」の育成です。

将来、「自分がやりたいこと」に対して、主体的に取り組んでいけるお子さんを育てるために、是非どんぐり問題を親子で活用されてみてください。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔3〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~5年生)を販売中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔4〕編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ありがとう!11周年感謝のプレゼントキャンペーン」を実施しています。今回のプレゼントは、
1.「どんぐり教育研究会制作・糸山泰造DVD講義全51話」より、特に重要な5話を抜粋し、オリジナルデザインのCD(合計22分・資料付き)
2.「社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会さま かわいい絵柄のクリアファイル」
3.親子で楽しめる「動物しおり&ふせん」読みかけの本や、お料理レシピにはさんでおくと便利です。

詳しくは、こちらからどうぞ。
https://donguriclub.jp/11th_anniversary_2/

ご質問やご相談はメールにて24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

※次号は5月1日(火曜日)に配信予定です。

≪発行/編集≫━━━━━━━━━━━━━
どんぐり教育研究会
URL: https://donguriclub.jp/?mailmag=20180415
----------------------------------------
○当メールマガジンへのご意見・ご感想、お待ちいたしております。
○お問い合わせは info@donguriclub.com まで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━